萌えない私とSNS

本当は大好きな自分のことを自信を持って心から愛せるようになりますように

エモーショナルオブザイヤー2016

インターネットの向こう側の皆さん、いかがお過ごしでしょうか、萌ちゃんです。
もう2016年が残り半分を切りました、いやー速い速い、時間の流れについて行くだけで必死ですね本当。息をしてるだけで精一杯です。


今回のブログテーマはエモーショナル。「エモい」という言葉については具体的に説明はしないのでなんとなく察してください。
Twitterをご覧の皆さんは既にご存知でしょうが、ココ最近の萌ちゃんの荒れっぷりといったら。とても酷いです。
ただのメンヘラとしか思われてなさそうですけど、私はメンヘラじゃないです。自分でそう言ってるからそうです、ちょっと振り返った時恥ずかしいだけなんでそこら辺よろしくお願いしまーっす。


この2016年上半期で体験した萌ちゃんのエモい話をブログに一筆書き留めておきます。
まだ半年残ってますが、確実にエモーショナルオブザイヤー。エモンドセレクション受賞。これ以上エモい事は今年っていうかもう2度と起きないんじゃないかなっていうか一生経験したくないって思っています。萌ちゃんの中では割と最近の出来事でまだまだ引きずりまくってるのに自分で自分の傷口に塩を塗り込んでいくスタイル。インターネットコンテンツ芸人。内容は全く笑えない。ドMとか言って全然快感じゃない。








さて本題。



話を要約すると、「インターネットで仲良くなった男の人とネット恋愛して実際に会った結果連絡が取れなくなった」って、それだけのことです。

エッ、エモーーーーーい!!!!!
エモすぎるよ〜エモすぎて涙が出てくるよ〜〜〜


いやもう本当に。切実に。




あれ????萌ちゃん、インターネットの人とは大人になるまで会わないんじゃなかったの?????????

前にも同じようなこと書いたな、そうですよ萌ちゃんインターネットの人とは会う予定なかったですよこうなること大体予想してましたから。





ただなんか、ずるずるずるずる某通話募集掲示板サービスがやめられなくて、仲いい人が出来ては消えての繰り返しで、それでいいや暇潰せればいやそんなもんだって思ってたんだけどふっと寂しくなって、深夜に掲示板利用して、その人と話して、大抵一回話したらそれきりだけど向こうからまめにチャットしてくれて、そんな人あまりいなかったもんだからそれが楽しくて、まめにチャット返して


なんか書き方でさえエモくなっちゃいましたね、読みにくいんで適度に開けます。


まめに話すようになって、いろいろ気遣ってもらえるのが嬉しくて、心配性な所とか優しいなって、向こうも向こうで理想化された萌ちゃんを創り上げてて、LINE交換して、一日中LINEでやり取りして、おたがいいろんな話をして、その人の好きな音楽とかの話聞いてるの楽しくて、たわいもないことから家族のこと進路のこと悩みとかいろいろ話して、萌ちゃん自身に関わることで涙を流してくれて、お互いに依存してって、生活の生きがいだって言われて、会いたいって言われて、他の人と同じように断って、外見が終わってるから会ったら絶対嫌われるからって断って、そしたら本当に好きだから外見とか俺全然気になんないよって、どんな萌ちゃんでも好きになれる自信あるよって、だから会おうって、それでも断って、大人になったら遊ぼうよって言って、最初は本当に待つって言って、でもこんなに好きなのに会えないの辛いからもう連絡とるのやめようかなって


そんなにいろいろ言われたらなんかそうなのかなって思って、本当なんじゃないかなって、連絡取れなくなっちゃったらそっちの方が嫌だなって、気づいたら萌ちゃんも好きになっちゃってて、じゃあ会おうかって、「私本当にブサイクでスタイルも悪くて終わってるから」って、ずーっとずーっと言い続けてそれでも、「どんな萌ちゃんでも嬉しいよ」って、何回も何回も「絶対嫌いになるよ」って、そしたら何回も何回も「絶対嫌いにならないよ」って


だから会いました、こうしてみると萌ちゃん騙すのなんか楽勝すぎて涙が出ちゃうね。うわあん。


いざ会って、楽しくて、向こうも嫌な顔一つせずにいてくれて、一緒に横に並んで歩いてくれて、「俺本気になっていいのー?」って言われて、頭なでられて、肩にもたれかかられて、好意的なことを言ってもらえて、そんな経験今までなくて、本当に嬉しくて、受け入れられてもらえたんだって、大丈夫なんだって、帰ってからもすごい楽しかったって、普通に今まで通りに接してくれてて、会えてよかったって、ええ私めっちゃ幸せって


てなわけでこの辺までめちゃくちゃ楽しかったですよ、人生で一番幸せでした。
なんか、男の人が現実世界で萌ちゃんのこと好きになってくれるのは萌ちゃん自身が死ぬほど努力してめちゃくちゃ可愛くならなきゃいけないんだろうなってずっと思っててでもそれがやり切れなかったので、ありのままの萌ちゃんの事を受け入れてくれたのかなって思えたのすごい大きかったんですよね。



でもなにかのタイミングでLINEが少しずつ少しずつ減っていって、一応LINEのやり取りは続くけど話す回数へって、ほぼほぼ会話が途絶えたことなかったLINEが少しずつ少しずつ続かなくなって、話そう話せる?って聞くのが私からだけになって、それが悲しくて、すごい不安で、話した時に「会って後悔してる?」って聞いて、「そんなことないよなんでなんで」って言われて、「そんなに不安なら俺んち来れば?住めばいいよ」って、「いまめちゃくちゃ忙しくてだから毎日話してはあげられない」って、「どうやったら不安じゃなくなる?」って聞かれて、「私単純だから会って後悔してるとかもうなんとも思ってないとかそういう事をそんなことないよって言ってくれれば信じるよ」って言って、そしたら「そんなんでいいの(笑)(笑)(笑)」って爆笑されて、「でもまあ言わないけどね」って言われて、「正直1人でいるのがもとから好きだから萌ちゃんと話せなくても全く寂しくなかった」って言われて、「萌ちゃんは俺が好きって言ったから俺のこと好きなの?じゃあもう好きって言わない(笑)」って、そんなんじゃないけどだから好きなんじゃないのになんかもうよくわからなくて全然わからなくて、会わなかったらそんなことまったく言われなかったんだろうなって、私別に毎日話せなくてもいいんだよ毎日LINEできなくてもよかった、ただ私のことが好きって何かのきっかけでたまにでもいいからわかればよかったんだよ毎日じゃなくてもいいから2人でなにかを共有して面白いね2人でこうやっていれるの楽しいねって幸せだねってでも結局連絡取れなくなっちゃった、二回目会って和風パスタ食べてカラオケ行って家帰ってそっから数回LINEしてだけどもうLINEの間隔縮まんなくて取り返しつかなくて結局なにも返って来なくなっちゃった既読さえつかなくなっちゃったやっぱり全部ダメだった嘘だった受け入れてもらえなかった


はーい戻ってきてー、落ち着いて、やめてマジ、ふう。

とまあ、こういうお話でした。エモいでしょ、容姿に恵まれない女子高生がネットで恋愛するとこんな痛い目見るんですよ。っていや痛い目見たのはブサイクな女子高生に執着された相手の方ですよね。うわエモ、なんか全部エモい。

結局見た目が大事だったみたいです。普通に考えたらそうだよね。萌ちゃん容姿に恵まれてれば今頃幸せだったんだろうな、今頃っていうかそもそもネットの沼にハマることなく現実だけで周囲から満たされて日々明るく楽しく生きてたんだろうな。

酷いな悲しいな憎いな苦しいのにななんでかなって思っても最終的に原因も結果も考察すると全部私が悪かったんだなって感じです。
会うつもりがなかったから厳選に厳選された奇跡の一枚しか晒してなくて、結果的に期待させてしまった。理想化された萌ちゃんと現実の萌ちゃんとの差が広すぎた。
ほんの数ヶ月勝手に支えられたつもりになってこんなにアホみたいに落ち込むんだったら身の程をわきまえて、もっと後先考えて行動するべきでした。


何回も連絡取ろうと試みたけどいざ動こうとすると怖くて結局何も出来ないんですよね、相手のスカイプのプロフィールを見て増えてるコンタクト数に心を打ちのめされてるだけ。だからこうやって間接的にブログに書きました。
こうやってブログに書いてるのも、なにかのキッカケでアクションが起きないかなって馬鹿みたいな期待をしてて、絶対ありえないけど本人が見てくれないかな、嫌なところ言ってくれたら直すし可愛くなる努力も全力でするし今でも大好きでこれから嫌いになる予定も一切無いんだからだからチャンスないですか、とかさあ。頭悪いよね。


毎日友達とくだらない話をしてアホみたいに笑って、カラオケ行ってフェス行って美味しいもの食べてうわー楽しい!女子高生!!最高!!!ってなっても心の片隅で「でもいなくなっちゃったしな、なのになんで私まだ息してるんだろう」ってたったそれ一つで一気に感情がマイナスになるなんておかしな話ですよ、感情の起伏が激しいって言ったら「メンヘラの素質ある」って言われて、いやいやそうじゃなくて
じゃあ好きな人が前からいなくなってもケロッとしてろってのが無理じゃんそんなもんですよ。


おっとっとととっととっとエモ体験談から自分の感情がボロボロボロボロこぼれてしまいました。情けない。気持ち悪い。こんな書き方しかできなくてごめんね。
とにかく、萌ちゃんこの半年でこんなことがありました。これが萌ちゃんのエモーショナルオブザイヤー2016です。暗い話で申し訳ないです。御見聞ありがとうございました。これからの萌ちゃんの明るい未来を願ってくれたら幸いです。応援してください。多くは望まないんで、暇な時に気にかけてあげてくれませんか。

三年前から精神年齢は一向に実年齢に追いつかないんですが、でも数年後このブログをふっと思い返して見るタイミングがあったのならば(消さないで残していたら)、どうかああこんなことあったなそういえば、って笑い話になりますように。思い出として消化できますように。綺麗な記憶になっていますように。